松尾画報

辺境のカンガルーの近況

学校ゲーム


とある専門学校の入学案内冊子を作ったんですが、

年間スケジュールやカリキュラムが、ものすごく計画的なんですね。

4年制大学でも勉強に忙しそうな印象がある分野の2年制専門学校なので、

そりゃあ詰め込み詰め込みでそうなりますよね。

 

とはいえもちろん、ニーズがあるからそういうスタイルの学校もあるわけで。

学校を早く済ませて2年早く就業する、ということにもメリットがあるみたいです。

就職の門戸があまり広くなさそうな、少し特殊な業界ですので、

それもまた戦略のひとつなわけですね。学生にとっても学校にとっても。

 

とても緻密な計画を見ていると、ゲームの中の出来事みたいに思えます。

ここでこうしてこう、次のステージはこう、ここで失敗したらここまでにこう修正。

そう考えるとちょっと楽しそうにも見えてきますが。

いやでも、ゲームするにしても、もう少しゆっくり楽しみながらやりたいなぁ。

 

そんなことを言う私は、ただただ遊び散らかす出来損ないの大学生活を送りましたので、

ちょっと羨ましく思っているのかもしれないですね。

それで実質的に困っていることはありませんが、だからといって活用もできていない。

4年間何やってたんだろう私は、の一言に尽きますが、みんなそんなもんですよね? ね? ね?

 

ただただ、感心します、このハードカリキュラムをこなす学生たちに。

身近なところにも、自分が知らないいろんな世界や生き方があるんだなぁ、と思いますよね。

新入生達がこの2年間をうまくクリアして、次のステージに行けるように願っています。

そんなこと言ってると、ますます人生がゲームみたいに思えてきますね。

 

次のGWは、甥っ子たちにそんな話しながら人生ゲームしてやろう。

年々アホさが増してきているかわいい甥っ子たちですが、まだ間に合うかもしれない。

愛嬌だけで世の中渡っていこうとしてるアイツらに、叔父さんがガツンと言ってやらないと。

今のうちに世の中の厳しさを教えておこう。兄貴に前もってLINEで許可とっておこう。

 

まあ、UNOしか付き合いませんけどね、実際のところ。

ハシモト家では人生ゲーム禁止です。長いもん。