松尾画報

健康コラム

食から生活習慣を予防しよう 認知症編 パート1


食から生活習慣を予防しよう

認知症編 パート1

認知症についてどこまで知っていますか?

 

「もし自分がなったら?」と思い、過度に不安になる前に、認知症がどのような病気で、

どんな予防や治療法があるのか知っておきましょう!

 

物忘れは、脳の老化が原因で、一部のヒントがあれば思い出すことができます。

また 本人に自覚があります。進行性がなく、日常生活に支障はありません。

 

認知症は、脳の細胞の破壊から起こり、体験したことなど全体がすっぽり抜け落ち

思い出すことができません。

本人に自覚はなく、進行性があり、日常生活に支障をきたします。

 

そこで認知症は早期発見が重要です。3年前と比較して、次のような症状がよくみられるように

なっていないかチェックしてみましょう。

□今日の日付が思い出せない

□電化製品を使うことが難しい

□薬を飲んだか飲まないかわからなくなることがある

□知っている道で迷うことがある

□物が見つからないと人のせいにする(誰かが動かした、隠したなど)

□鍋を焦がしたり、ガスの火を消し忘れる

□知っているはずの物の名前や人の名前がうまく出てこない

□前に買ったことを忘れ、同じものをたびたび買ってしまう

□同じことを何度も尋ねたり、話したりする

□おき忘れやしまい忘れが目立つ

□待ち合わせの時間や場所をよく間違える

□趣味や楽しみに対する関心がなくなる

薬剤師からのひとこと

老化を止めることはできませんが、スピードを遅らせることはできるはずですよね♪

私は家にいても、時間があればデパートに足を運び、脳に刺激を与えるようにしています。

最新の流行ものや一流のブランドものがたくさん並んでいたり、買いたいものが見つかれば、

明日からの目標にもなり、がんばれるんです)^o^(

 

 

前回の血圧の問題の答え

  • 140/90㎜Hg
  • 6g
  • ウスターソース
  • すきやき
  • バナナ
  • 運動
  • グレープフルーツ
  • 朝、夕
  • 心臓
  • 上腕型
  • 決まった時間に測る
  • 半日までなら服用可