松尾画報

辺境のカンガルーの近況

野菜ジュースの音


前回に続いて、日常における音についてもうひとつ。

 

 

特に深く考えず「なんとなく好きな音」というものがあります。

やわらかい雨がトタン屋根にあたる、ぼつぼつぼつ、という音。

我が家の安物扇風機が首を振るときに鳴る、かたかたかた、という音。

友人宅の室内犬トニーちゃんがフローリングを歩く、ちゃっちゃっちゃっ、という音。

 

 

最近のお気に入りは、いつもの駅の自販機で買う缶ジュースの音です。

缶コーヒーと同じ大きさの小さい野菜ジュースが、取り出し口に落ちる音。

ペットボトルみたいにがこんッ、と派手な音はしません。

かたんッ、となんだか軽やかな音がで落ちてくるんです。

 

 

落下でなく、着地という感じでしょうか。

軽いからそんな音になるんですかね。

缶ジュース自体の重さもちょうどいい感じです。

缶コーヒーより(たぶん)微妙に軽くて、なんか妙に持ちやすいんですよね。

 

 

電車がくるまでの数分の間にくいくいと飲みます。

いかにも余計なものが少なそうな、ちょっとエグ味がある味。

食道をつたって胃に流れていく感覚があります。

いやまあ、今は味の話は今はいいんですけど。

 

 

とはいえ、美味しいんですよね、この野菜ジュース。

そういう私の気持ちも多分に反映されて、いい音に聞こえているんでしょうね。

大したことじゃないけど、ここ最近の朝の小さな幸せ・楽しみなんですよね。

その一連の儀式のはじまりの音、っていう感じでしょうか。

 

 

ひとつ心配なのは、春先には2枠使って売られていたのに、

最近1枠に減っちゃったことですかねぇ。売れてないのかな。

もしかしたら冬あたりに販売終了して、あの小気味良い音が聞けなくなるかもしれない…。

そんなこと思いながら今日も、かたんッ、と一本買っちゃいました。