松尾画報

辺境のカンガルーの近況

遜色ないかも


そんなわけで盛岡の思い出をひとつ。

タクシーの運転手さんにきいてみたんですよね。

「夜、どこかの居酒屋に行くんですけど、何食べるのがオススメですかね?」って。

 

曰く、もともと山間の田舎だから、本当の郷土料理は昔ながらの田舎料理なんです。

それはそれで悪くないけど、オンリーワンって感じはしないんですよね。

やっぱり三陸海岸の海の幸がいいですよ、関西の海とは獲れる魚もちょっと違いますから、と。

 

詳しく聞きませんでしたけど、郷土料理ってしし鍋とか山菜鍋みたいな感じでしょうか。

そっちも捨て難いですが、たしかに関西にもありますもんね。

おとなしく、運転手さんに教えたもらったとおり、海の幸をいただきました。

 

魚も美味しかったんですが、一番美味しかったのはわかめでしたね。

早獲りわかめ、味がしっかりしてて、肉厚で食感もよくて。

さすがだと思いましたね、東北の海産物と、日本の物流。

 

…日本の物流?  ええ、そうなんです。

運転手さん、言っていたんですよ。

「盛岡は海から70km離れてるけど、今は物流が発達してるから関係ないよね」って。

 

正直なところ、それでいいのかって感じも若干ありますが、たしかにどれも新鮮でした。

70km先のものが新鮮で美味しく食べれちゃうなんて、すごいですねぇ、日本の物流。

奈良旅行に来て、明石のタコ食べるみたいなもんじゃないですか、70kmって。

 

時代が変われば名物も変わる、のかもしれませんね。

どんどん淘汰と洗練を繰り返して、格別に美味しいものだけが残っていきそう。

また今度ゆっくりと行って、地のものもいろいろ味わいたいものです。

 

 

 

明石で思い出したんですが、明石焼のお店がひがしむき商店街にありますよね、たしか。

数年前、正倉院展のついでに明石出身の友人と食べたんですけど、

「今までに食べたどの明石焼よりも美味いかも」って言ってましたねぇ。