松尾画報

辺境のカンガルーの近況

褒められたことじゃないけど Part.2


もうひとつ、昔勤めていた広告制作会社の営業社員の話を。

ちょっと抜けたところがある、後輩のミカミくん。

 

 

 

ミカミくん、今日は飲食店のクライアントさんとの打ち合わせ。

先方のピークタイムを外して、21時からという遅い時間の打ち合わせ。

ミカミくん、カップラーメンを作ってます。

20時50分ですが、カップラーメンを作ってます。

あれ? クライアントさんのお店って車で10分かかるんじゃ…?

 

「…なぁ、ミカちゃん、打ち合わせの時間変わったん?」

『え~と、打ち合わせ、21時からですけど』

「…間に合わんのちゃう? 今からラーメン食べてたら」

『え~と…、………あ、ほんとですね。先輩、あざっす!行ってきます!』

「まじか…、お前、まじかよ…」

 

オフィスに残されたほかほかのラーメンと私。

お腹いっぱいでしたけど、ラーメンは私がいただきました。

200円をミカミくんの机の上に置いておきました。

 

 

 

 

別の日、会社のみんなで飲みに。

家が遠いオクダ先輩は、ミカミくんが車で家まで送っていくそうです。

いいですね、気がきく後輩ですね、ミカミくんも成長しましたね。

一杯目のコーラを飲み終え、二杯目。ミカミくんの手にはビールが。

 

「…なぁ、ミカちゃん、今日、オクダ先輩送って行くんちゃうかったっけ?」

『はい、送っていきますけど…、………あ、………ビール、…しまった』

「まじか…、お前、まじかよ…」

 

すでに帰宅済だった下戸のタカハシを呼びつけ、

オクダ先輩は無事に帰宅できました。

ミカミくんは翌日、タカハシに昼ご飯をおごらされていました。

 

 

 

 

別の日、ミカミくんの打ち合わせに同行。

大きい案件や難解な案件の場合、私たち制作チームも打ち合わせから参加します。

今日は、複数店舗展開しているエステサロンの店長会議の日だそうで。

パンフレットデザインに関する各店長の意見を聞いてみよう、という趣旨です。

 

『お世話になります!○○社のミカミです!』

『まぁミカミくん!いらっしゃい!でもね!打ち合わせは来週よ!』

『え~と…、………あ、ほんとですね。失礼しました!また来週きます!』

「まじか…、お前、まじかよ…」

 

移動時間・片道45分、滞在時間・約10秒。

きっと初めてじゃないんでしょうね、こういうミス。

クライアントさんのあの慣れた感じったら、もうね。

 

 

 

こんなことが日常茶飯事でした。

社会人としてどうなんだ?という部分も多々あるテキトーな会社でしたけど、

社員ほとんどが20~30代で、いつも誰か笑ってたり怒ってたりする活気ある会社でした。

また気が向いたら、面白そうなエピソードでも書いてみようと思います。