松尾画報

辺境のカンガルーの近況

褒められたことじゃないけど Part.1


昔勤めていた広告制作会社での同僚、営業社員・タカハシ。

なかなかに面白い発想をする、ちょっと変わったやつでした。

 

 

 

ある日、営業車に一緒に乗っていたとき、

運転中のタカハシの携帯電話が鳴りました。

 

『そこの道路脇に停まるわ。ハッシー、ごめん、鞄の中のケータイ取って。誰から電話?』

「オッケー、えーと………”着信・舘ひろし”って出てるんやけど…?」

『あぁ、タナカさんやな。はい!タカハシです!タナカ様、お世話になりますぅ~』

 

聞けば、クライアントさんに「舘ひろし似のタナカさん」という人がいて、

タナカという苗字は他にもたくさん登録があるので「舘ひろし」で登録しているとのこと。

いやいや、ややこしい。とてもややこしい。

 

 

 

「”タナカ様(A社)”とかで登録したらええやんか」

『いや、A社にタナカさんが何人もいたらややこしいやん』

「”タナカ様(A社・営業二課)”でどう?」

『いや、パッと顔出てきにくいやん。やっぱ”舘ひろし”やって』

「登録名バレたら、先方、怒るかもよ?」

『大丈夫、バレても笑ってくれそうな人しか、そういう登録してないから』

 

タカハシ、譲りません。

いろいろ言い訳しますが、このネーミング遊びをただ楽しんでいるだけです。

そして再び、タカハシのケータイが鳴ります。

 

『停めるわ。ハッシー、ケータイ取って。誰から?』

「オッケー、えーと………”糸こんにゃく”さんから電話やで…」

『あぁ、うちの経理のトモコさんやわ。後でかけ直すし、このまま停まらず行こか』

「うちの社員もそんな登録になってんのかよ…」

『こないだ皆でおでん食べに行ったとき、トモコさん、糸こんにゃくについてアツく語ってたやろ?』

「ああ、あれ、すごい熱弁してたな。あんなに糸こんにゃくにこだわりあるとは…」

『これや!と思って飲み会中に登録変えたわ。”トモコ経理”から”糸こんにゃく”に』

「まあたしかに、バレても笑ってくれるやろな。むしろ喜びそうやな、あの人やったら」

 

 

 

社会人としては、あまり褒められたことではないかもしれませんが。

正直、こいつ遊び心あるなぁ…、と思いましたね。

「面白きこともなき世を面白く」精神を持っているといいますか。

 

胸板部長、ネクタイお洒落さん、ほぼ安室奈美恵、文庫本マスター、とかとか。

 

なるほど、本人のことを知っていれば「あの人のことだろうな」と分かります。

見た目だけでなく、性格や立ち振る舞いも踏まえて、うまく特徴を捉えています。

しかも、悪口的なニックネームが一切なく、どれもくすっとするユーモアがあるんですよね。

それって実はちょっとすごいことかも、と今では思います。まぁ、少しね。

 

 

 

ちなみに私の登録名は「酒神さま」でした。

直球やないか。もっと捻れや。

今度会ったら、私の新しいニックネームを考えさせてきます。