松尾画報

辺境のカンガルーの近況

真冬の躍動


最近は12月どころか、11月の頭くらいからクリスマス感がありますよね。

そりゃ、一大商戦ですからね、早めから盛り上げていかないとね。

 

 

そんな中、とある置物を見つけたんですよね。

北欧風の小洒落た雑貨店、女性好みであろうかわいくも上品な店構え。

厳選されたであろう質の高いクリスマスグッズが並んでいます。

いろんなテイストのサンタの置物があるんですが、ひとつだけ違和感のあるものがありました。

 

 

最初はなんだかよく分からないモヤモヤでした。

なんかおかしい…。なんかズレてるというか、妙な違和感をこの置物に感じる…。

しばらくその置物を眺めながら考えていました。

数十秒眺めて、その違和感の正体に気づきました。

 

 

サンタとトナカイの置物なんですけどね。

なにがおかしいって、サンタとトナカイの置物なんですよ。

わかりますかね、この違和感。サンタとトナカイの置物。

サンタとトナカイとソリの置物じゃなくて、サンタとトナカイの置物なんです。

 

 

サンタがトナカイの背中に乗っちゃってるわけです。

左手でプレゼント袋を持ち、右手は手綱を持った手をハーイと振っています。

飛び跳ねる馬に乗る戦国武将を思い浮かべてもらえれば、イメージ近いですね。

いやもうね、すっごく元気いっぱいなんです。

 

 

まあ、トナカイだって背中に直接人を乗せることもある…のかな?

でもやっぱり、イメージ的にサンタにソリはつきものだと思うわけです。

そして何より戦国武将級の躍動感の違和感ったら…。

「トナカイ乗って飛び跳ねんなや、ゆっくりソリ乗れや」という言葉しか出てきません。

 

 

一体なぜそんなことになってしまったのか。

世の中、分からないことだらけですね。