松尾画報

辺境のカンガルーの近況

火がついた


アフリカの小国について調べるという日々が続いています。

どういう状況やねん、とお思いでしょう、皆さん。

私だって思いますよ、何やってんだ私は?って。

 

 

仕事で調べてるとかではなく、完全に趣味です。

空いた時間にネットで検索したり、別の調べ物のついでに図書館で資料探したり。

何かの役に立つ予定もなく、ただなんとなく調べてます。

 

 

前々からなんとなく気になってはいたんです、アフリカの知らない小国群。

国名すら聞いたことない、イメージすら湧かない国ってあるじゃないですか。

サッカーW杯予選のニュースなんかでちょこちょこ目にしたんですよね。

 

 

地図と併せて見ていると、新しい発見がいろいろあります。

ギニアってなんか中央の密林国イメージだったけど、こんな西にあるのか、とか。

西の方は結構小さな国が多くてびっくりですね。

 

 

マダガスカル以外にも島国があるんですね。

大西洋に浮かぶ島々から成るカーボベルデだとか、

南西脇にちょこんと浮かぶサントメ・プリンシペだとか。

 

 

歴史が浅い国も多いんですよね、建国のいろいろを見てると。

19、20世紀あたりの空気が感じられるといいますか。

いろんな見解があるんでしょうけど、一種の悲しみの歴史を感じます。

 

 

北アフリカがなぜもっと歴史上要所にならなかったのか、わりと疑問です。

ギリシャ•ローマ時代から知られていて、スペインやイタリアから船ですぐなのにですよ。

やっぱり南に広がる砂漠のせいですかね、価値見いだせなかったのかな。

 

 

そういえばアフリカと同じ様に、いわゆるリゾート系の南の島々のこともよく分かりませんね。

ハワイやグァムはまだしも、セブ、パラオ、フィジー、ランカウイ…。

聞いたことあるけど、正確な場所も歴史も大して知らないんですよね。

 

 

そういう疑問を調べていくのもまた面白いものですね。

今年の正月休みは実家にiPad持って帰って、いろいろ調べて遊ぼうと思います。

甥っ子たちにマニアックな知識ばかりを教え込んでやるんだ。