松尾画報

辺境のカンガルーの近況

日傘男子


「日傘を差す男性、日傘男子なる人が少しずつ増えている」

そんなニュースを見ました。ニュースってほどでもないかもですが。

 

ほんとかな、そんな人見たことないな…と思ってたんですが、

数日後、京都でも梅田でも見かけました。ちょっとびっくり。

いわゆる日傘っぽい傘ではなく、黒いシンプルな雨傘ですけど、

晴天の日に差して歩く日傘男子。というか、日傘おじさん。

見ようによっては日傘おじいさん、というくらいの歳の方。

 

日傘といっても日焼け防止とかじゃなくて、熱中症防止ですね、あれ。

ここ数年ずっと猛暑ですから、まあ、たしかにありかも。

ちょっと調べてみたら、数年前からそういう動きはあるみたいですね。

ポータブルシェイド=持ち歩く日陰、という呼び名もあるようです。

環境省発表の日傘の効果を試算した資料までありました。

 

もしかしたら、クールビズみたいに一気に流行ったりするのかな?

そのためには「男性が日傘ってなんとなく差しづらいなぁ…」

みたいな抵抗感を払拭することですよね、やっぱり。

広告の仕事しているとよく思うんですが、

集団や社会の意識を変えるって、本当に難しいことです。

 

そんなことをここ数日考えていたんですが、

抱っこ紐で娘と出かけようとしたら、家内がすっと黒い傘を出しました。

「娘が熱中症なったらあかんから、これ差していって」

ああ、なるほど。そりゃそうだ。差すしかない。

ふいに日傘男子としてデビューしちゃいました。

 

実際に差してみると、周りの視線とか気にならないし、特に恥ずかしくもないですね。

周りの目がなぁ…と感じている日傘男子予備軍の皆さん、遠慮なく差しましょう。

思いの外、涼しいですよ。こりゃ、いいや。

 

ただ、抱っこに退屈した娘が両手で繰り出してくるパンチを、

片手で防がないといけないという欠点がありますけどね。

次のお出かけは屋根付きベビーカーにしよう。