松尾画報

辺境のカンガルーの近況

必須


ウォレットチェーン、っていうアクセサリーがありますよね。

平たく言えば、財布につける鎖ですね。

20年ほど前にヴィンテージ系の古着が流行った頃は、

つけている人が多かった気がします。

 

 

私もフォーマルな格好の時以外は高頻度でつけているんですが、

見た目どうこうより、実用性重視でつけています。

ちょっと子供っぽいかなと思うこともないではないですが、

目立たない黒い革製のものにして実用性重視です。

 

 

これがないと、私、何十回と財布をなくしているんじゃないでしょうか。

立ち上がったときにポケットから財布がぶら~んと垂れさがること、一日に数回。

こぼれ落ちないように深くポケットに入れて腰掛けると、

財布の中のカード類とかを痛めがちなので、つい浅めに入れちゃうんですよね。

 

 

パーツが壊れたので、ここ数週間はチェーンなしで過ごしていたんですが、

仕事用の椅子の上に財布が落ちているのを発見すること数十回。

外出時は、立ち上がるたびに落としてないか逐一チェックです。

鞄に入れておいたら、鞄自体を持っていくのを忘れてコンビニとか行っちゃいますし。

 

 

慣れの部分が多いかとも思うんですが、

皆さん、どうやって持ち歩いてるんでしょうか、お財布。

早くパーツ買わないと、春が来るまでに確実に財布なくすでしょうね、これ。

困ったなぁ、なんでこんな不注意な人間に育ってしまったのか。

 

 

カード中心の生活にしようかと真剣に検討したこともあるんですが、

まあ、実際問題、いくらの現金は絶対持ち歩かなきゃならないですもんね。

やっぱりチェーンをつける以外の解決策が思いつきません。

おじいちゃんになってもつけてる気がします。うぅむ。

 

 

おじいちゃんまでいったら、いっそのことゴテゴテのシルバーチェーンにしようかな。

それくらい突き抜けてる方がいいかもしれませんねぇ、むしろ。