松尾画報

辺境のカンガルーの近況

崇拝的


2018年はまだそれなりに日数がありますが、

既に若干の年末感を感じております、私。

毎年のことではあるんですが、

秋になって走り出したらもう止まらないんですよ。

主に仕事が。印刷・広告業界はそういう人多いと思います。

 

毎年恒例の仕事がたくさん待ち構えてるわけです。

大変にありがたいことなんですけどね、本当に。

ただ、ひとつのミスやスケジュール遅れが、

全体に波状して抜き差しならない状況になることもあります。

緊張感があるんですよね、毎日うっすらと。

 

この微妙な緊張感にはいつまで経っても慣れず、毎年必ず漂っています。

見ようによっては”ダレ”のない、充実した日々でもあります。

ただまあ、やっぱり疲れます。すり減って消耗します。

毎日、倒れないように冷静にペースを考えながら、

でも熱をもって勢いを殺さずに、一気に押し進めて行きます。

 

ほぼ無傷で予定通り終えられる素晴らしい年もあれば、

残念ながら苦い思い出が残っちゃう年もあります。

自分や周りの人のミスには注意を払って対策できますが、

不可抗力でうまくいかないときもあります。例えば天候とか。

全部終わるまで、とにかくがんばるしかないわけです。

 

そんな緊張の日々を癒してくれるのは、

やっぱり1日やりきったあとの夜ご飯ですね。間違いない。

まあ長々と書いといて何が言いたいかというとですね、

「鍋ってほんと美味いよねー!ビールも焼酎も最高だよねー!」

ということです。はい、ほんと、中身のない文章ですみません。

 

帰って野菜たっぷりの鶏鍋を食べます。

本っっっっっっ当に何なんでしょうね、あの食べ物の美味しさは。

生まれ変わったら、鍋になりたいです。