松尾画報

平凡な毎日が一番幸せ☆

姉弟ケンカ


先日、二女と長男がケンカをしました。

小さい頃は日常茶飯事だったことも、ここまで大きくなれば相手を思いやることも分かってきた?!のか、あまり見かけなくなる光景でした。

 

しかし、先日のケンカは幼き頃を思い出すかのような、大人しいけれども、なかなかどちらも引き下がらないケンカでした。

 

両方に言い分があるのでしょう。

 

昔は、末っ子の長男がお姉ちゃんである二女に手を出し足を出し、お互い引っ掻き傷だらけ、二女の髪の毛も何本抜けことか…だったのですが、さすがに今では手も足も出ませんが、その代わり二人ともお口が達者です(–;)

 

今回のケンカは、外出先での出来事。

 

しかもランチに訪れたお店の前で順番待ちをしている最中だったので、その場を離れるわけにはいかず…

 

順番を待たれている他のお客さんには、あらあらケンカしてるわ~(^.^)みたいに見られ…

目が合うと笑われる始末。

恥ずかしい…

 

「もう、やめなさい!」

 

と私が小声で言うと、

 

「は?なんで?」

 

と私が娘に怒られる。。。

しかも結構な声の大きさで(@_@)

 

原因は長男なので、本人が一番よく分かっているのか、その間ずっと黙っています。

 

もう後に引けないんでしょうね。

一言、「ごめん」と言えればいいことも、何かが彼の邪魔している様です。。。

 

謝罪を促してもうつむいたまま首を横に振ります。

 

もうそっとしておくことにしました。

 

4日間、けなげにお姉ちゃんにごまをスリスリ。

 

時間が解決してくれたのでしょう。

 

4日後ようやく娘から息子に話しかけました。

 

息子はとても嬉しそう(°∀°)♪

 

やっとそこで、なんともない会話の中で

 

「この前はごめん」

 

が聞こえてきました。

 

娘は、驚いた様子もなく、小さな声で

 

「うん」

 

もっと早くこうなれれば良かったのにと思いましたが、どちらもアタマにきている時は、なかなか素直になれないんでしょうね。

 

でも、兄弟っていいなぁと思いました。