松尾画報

辺境のカンガルーの近況

場所の雰囲気


桜が咲くと、景色が持つ雰囲気少し変わるんですよね。

 

なんてことない川沿いが、一気に素敵な桜並木になったり。

神社の端っこにポツンとある樹が、急に人気者になっちゃったり。

そもそもこんなところに樹あるの意識してなかった、っていう公園の満開の桜だったり。

 

桜そのものももちろん綺麗で見応えがあるんですが、

こういう「場所の雰囲気の変化」が楽しかったりもします。

 

 

 

去年の春に奈良の実家に帰ったんですが、この驚きの連続だったんですよね。

普段は春に実家に帰ることなんてないものですから。

急に絶景になってるやーーん、なんて山とかもあったりしました。

 

実家に住んでいた頃の私は何を見てたんだろうとも思いますが、

よく考えれば今だって一緒ですね、公園の桜に気がつかないんだから。

 

まあでも、桜が咲いてるのってほんと一瞬ですもんね、仕方ない。

少しだけだからこそ、毎年楽しめるのかもしれないですね。

 

よく知っているところも敢えてこの季節に行くと、

きっといろいろ新しい発見があるんじゃないかな、という小さな期待があります。

春が来るたび、そういうふらっと旅でもやろうかなって思いますねぇ。

 

 

 

まあそうは言っても、花粉症で家から一歩も出れない休日を過ごしてますけど…。

うん、今年の花粉はなかなかですね、前評判通りです。