松尾画報

今日ものんびり、のんびり

兄からのプレゼント


私は  一つ違いの兄と2人 兄妹です。 子供の頃はつまらい事でよく喧嘩をしていました。喧嘩した時は 、兄に勝てるはずがありません。必ず私が負けてよく泣いていました。

私が27歳の時  父親が63歳で 肺癌になり入院しました。入院した時には癌の末期であり 担当医から父親の余命は約3ヵ月と告げられました。その後、母親と兄と私と話し合い父親には病名、余命も告知しない事にしょうと決めました。でも、父親は何気なくわかっていたようで、病室で私と二人きりになった時に、私に 「お母さんとお兄ちゃんの事頼むわ」と 小さな声で言いました。その約束だけは今も守っていこうと思っています。

しかし、父親が亡くなった後 兄 は結婚 世帯も持ち、私も仕事で 忙しくなかなか母親、兄、私と三人が揃う事が少なくなっていき 、9年前私も結婚 し その後 まったく三人が揃って会う事が なくなってしまいました。 しかし、今年の正月 兄と私の仕事のお休みが合い 母親、兄夫婦、私夫婦と正月楽しく過ごす事が出来ました。それからです 兄から電話がかかってくるたびに今度 いつ会えるかなぁ?と 今は 2ヵ月には1回ほど母親、兄夫婦、私の夫婦と飲み会をしています。最近も飲み会をしました。その時にたまたまトルコの雑貨屋さんに寄った時に、兄 が私に「買ってあげるから」と トルコ石でできたブレスレットを買ってくれました。生まれて初めての兄からのプレゼントです。 そのあと母親聞いたのですが、「妹がこんなに楽しく笑う人とは知らなかったと 妹が楽しく笑ってると楽しくなる」と言ってたそうです。その言葉を聞いて 父親との約束少しは守れたかなぁと思いました。兄からプレゼント無くさないよう大事にしたいと思います。兄妹っていいものです。

 

DSC_0158