松尾画報

辺境のカンガルーの近況

リターゲティング広告


ほしいものがないぜ、という話をこないだしましたが。

先日、少し大きめのトートバッグを買って以来、なんだか物欲がなくなっちゃったんですよね。

トートバッグを買ったのって、大学1回生のとき以来です。18年ぶり2回目。

 

娘が保育園に入園したので、毎朝送って行ってるんですよね。

抱っこ紐着けて連れて行って、預けたらそのまま駅に向かって仕事に行くわけです。

今まで使っていたバッグだと抱っこ紐が入らないので、大きめのトートバッグを購入。

 

百貨店に行って実物を見たりもしましたが、やはりネット検索が便利です。

電車での通勤時間を利用して探せますし、条件も細かく設定できますし。

吟味に吟味を繰り返し、探し疲れるくらいに探しまくって、ようやく買いました。

 

きっとそのせいなんでしょうけど、ネットブラウザを立ち上げると、

バッグの広告がいろんなところに顔を出します。

検索履歴に応じて広告を表示するんですよね、あれって。

 

いやでも、もうバッグ買っちゃったわけですから、その広告は不必要なわけです。

そういえば、仕事で特定の案件をやり込んだときも、同じように広告が追いかけてきます。

「看護師募集なら○○!」「憧れの上賀茂に住まう!3LDK分譲開始!」とか。

 

ああいうの、時期ごとに遡って見れたらおもしろそうなんですけどね。

春先はこの仕事してたなぁ、夏の終わりはあれを買おうとしてたなぁ、なんて具合に。

それなら追いかけてくるの、ちょっと嬉しいかも。

 

いやー、でもさすがにそろそろ消えてくれないかな、バッグの広告。

もうバッグはお腹いっぱいすぎて、あんまり見たくないんですよねぇ。

見せられるほどに、うんざりしてますます物欲をなくしていく日々です。