松尾画報

松尾の独り言

ミニチュアとなり永遠に


 

松尾です。
私が大切にしている写真と思いを込めたミニチュアのボックスをプレゼントして頂きました。
今まで、ミニチュアにあまり関心がないと思い込んでいましたが、よく考えてみると結構集めていることに気付きました。バレンタインデーに妻から好きなウイスキーのミニボトルをもらうことがルーチンであったり、所有している車のミニカー(出来れば同じ色)を探したり、自宅の模型を頼んで造ってもらったり、なかなかこだわってコレクションしていました。
諸行無常、生命をはじめとして世に永遠たるものはないということは、皆が充分に理解しているところです。しかし、ミニチュア化することで、少なくとも個人の心の中では、永遠に残す方法があることにも気付きました。
私の場合も、特に大切にしている物を保管し易い小さなサイズ=ミニチュアにして残しておきたいという本能が働いているように思います。勿論、それにはメンタリティというスパイスがかかっています。
スパイスがたっぷりとかかった、このミニチュア。我が家の宝物になりました。