松尾画報

辺境のカンガルーの近況

ペラペラペラ!


時々、ラジオCM原稿の仕事をすることがあります。

といっても、私はそっち方面の専門的な知識はないので、

イントネーションとか細かい言葉のチェイスとかは専門家任せです。

広告内容のチェックが主な仕事です。

いつどこで誰が何をするのか、きちんと伝わる原稿になってるかチェック。

 

この手の原稿って、だいたいいつも文字数があふれちゃうんですよね。

言いたいことを全部入れたいのはやまやまなんですが、

聞き取りやすいように、削れるところはどんどん削ります。

たまに削っちゃいけないところも、諦めてちょっと削ったりします。

だって尺的に入らないですもん。しゃーない。

 

なので、ラジオCMが流れたら意識して聞いてしまうんですが、

先日、ものすごく内容を詰め込んだ凄まじいCMに出会いました。

温泉リゾートかなんかの施設だったと思うんですが、

アピールポイントとか交通手段とか期間限定イベントとか、もう全部盛りの原稿。

女性アナウンサー、まるで早口言葉を読んでるみたいです。ペラペラペラ!

 

スポンサーの意向でこうなったんでしょうけど、聞いてて心苦しくなってきます。

もうあかん!限界やって!何言うてるかわからん!息継ぎさせてあげて!

と思った瞬間、ぷつっとマシンガンナレーションがやみました。

時間にして0.3秒くらいの空白でしょうか。

おや?と思った次の瞬間、男性の声でまたナレーションが始まりました。ペラペラペラ!

 

なるほど、内容が多すぎるから声質を変えて変化をつけてるんですね。

そういう手法もあるんですね。勉強になります。なるほどねぇ。

苦肉の索でしょうけど、素直に感心しました。

でも残念ながら、結局何を伝えたいCMなのか、さっぱり分かりませんでしたけど。

あの早口原稿が読めるアナウンサーってすごいな。尊敬します。