松尾画報

辺境のカンガルーの近況

やる気手帳


かれこれ10年くらい「ほぼ日手帳」を使っています。

コピーライターの糸井重里さんが企画した手帳ですね。

これがまた、いろいろ工夫して使える面白い手帳なんですが、

10年も使っているとさすがに飽きてきます。

 

 

特に不満点があるわけじゃないんですよね。

専用の革ケースも作っちゃいましたし、今さら変えるのもちょっと。

そういうときは基本に戻ってみよう、ということで、

Webで紹介されていた面白い使い方を真似て使ってみます。

 

 

To Do リストをしっかり書き出してみるとか、

日々ふと思った何気ないことを書き留めておくとか、

何月の何週目の何日なのか俯瞰的にしっかり認識するとか、

ただの落書きをつらつらと描いちゃうとか。

 

 

敢えて「らしい使い方」をやると、なかなか楽しいんですよね。

なんのことはなく、ただ面倒くさがってやっていなかっただけです。

そういえば最初の頃は、面白がっていろいろ試みていましたね。

意味なんて考えずやってみることは、やっぱりなかなかいいかも。

 

 

行き詰まったら「スタンダードな方法」を試してみるのもアリだなと思いました。

朝のラジオ体操、深呼吸、よく噛んで食べる、大きな声で挨拶、階段を使う。

いろいろありそうですね。まずは試してみるとしましょう。

前回のやる気スイッチと同じで、やってるうちになんだかうまくいく気がしてきました。

 

 

そして、30年後は陶芸やそば打ちを趣味にしましょ。

スタンダードじぃじになるんだ。