松尾画報

辺境のカンガルーの近況

もう一度乗りたい


ロシアでキックボードが流行っている、とニュースを見ました。

記事がいうには、ロシアは国土が広いので街も広くらしく。

駅近を謳っている物件を借りようとしたら、駅まで徒歩25分だったらしく。

そんなふうに街が広いから、キックボードが流行っている、とのことでした。

 

 

国土が広いから街が広い、というのはちょっと強引な物言いだと思いますが。

でも、キックボードの利用率が高いのは本当みたいです。

さっと片手で持つこともできるので、駅や空港での貸し出しもあるとか。

街中の移動手段だけでなく、公園あたりでは乗り物としても楽しまれているとか。

 

 

日本でも90年後半~2000年前半あたりに流行ったんですが、

今はすっかり子供が乗って遊んでいるイメージですよね。

もう何年も乗ってる大人を見ていません。

原宿あたりに行けば、もしかしたら見れたりするんでしょうか。

 

 

個人的な思い出ですが、2000年の夏に昔馴染みが集まる飲み会がありました。

美容専門学校に行って、常に流行最先端みたいな女の子がいたんですが、

その子がシャーっと華麗にキックボードに乗って登場しました。

久々に会ったけど、相変わらず流行に敏感だねぇ、なんて話したものです。

 

 

利点が多い優れた乗り物だと思うので、もう一回流行ってくれないかなぁ。

流行らなくても勝手に乗ってろ、と言われるとそれまでですが。

うーん、やっぱりちょっと恥ずかしいなぁ。ですよねぇ?

いっそのこと、ローラースケートにしちゃおうかしら。