松尾画報

辺境のカンガルーの近況

ぶっちぎり価格


リアカーなどの移動型路上弁当販売に関するニュースを見ました。

路上で弁当買うなんて、なんだかわくわくしませんか?

許可の有無とか、衛生面の徹底とか、販売場所の選定だとか、

出店側はいろいろと大変そうな気もしますが。

 

 

これって主に東京の話なんですかね。

京都や梅田では、移動型の弁当販売ってほんの数回した見たことないです。

あまり身近に感じられないんですよねぇ。

ニーズは高いような気がするんですけどね、なんとなく。

 

 

代わりといっちゃなんですが、京都には「250円弁当」という、

とんでもない価格の弁当屋さんがあるんですよね。

ワンコインどころか半コインですよ、びっくりでしょう?

しかも移動型ではなくて、しっかり店舗を構えています。

 

 

また、弁当の内容も全然悪くないんですよ、これが。

大きなチキンカツとか唐揚げとかハンバーグとか、

満腹になるメインがどーーんと大盛りあって、

きんぴらやポテトサラダなんかの付け合わせも少しあります。

 

 

身内が農家で、お米とか野菜とかを仕入れてるとかなんとか、

以前メディアで取り上げられていた時にやっていた気もしますが。

それにしても安すぎるだろう、と思いますよね。

大人気です、実際のところ。

 

 

ただ、残念なことに、一時期より店舗数が減っちゃったんですよね。

人件費の高騰とか、デフレ脱却とか、きっといろいろあるんでしょうね。

いやもうね、声を大にして言いたい「350円弁当にしてくれ!」と。

350円でも絶対買うから、昔みたいな店舗数を維持してほしかった!

 

 

…という、ただの私の要望ですが。

確かなことは分かりませんけどね、ポジティブな戦略的撤退かもしれませんし。

いやねー、本当に安くて美味しくて、店員さんもいい人が多い弁当屋さんなんですよねぇ。

こっそりと応援しているお店だったりします。