松尾画報

辺境のカンガルーの近況

びっくり眼鏡


買った眼鏡を受け取りに行ったときのこと。

 

補償の説明とかフレームの微調整とかありますから、

受け取りだけとはいえ、少々の順番待ちです。

順番待ちシートに名前を書いて待つんですね。

 

 

名前を書こうとすると「カタカナでご記入ください」と指定がありました。

はしも…と平仮名で書きかけて気がついて、二重線で消してハシモトと書き直しました。

なんで平仮名あかんねん、とは思いましたが、そこは私の不注意なので面倒ですが書き直します。

そういうことがあったからよく覚えてるんですが、

私の前に名前が書かれた順番待ちの人は、3~4人くらいだったんですね。

 

 

ところが待合ブースに行くと、10人以上の人がいてごったがえしています。

椅子に座って待つ間にすぐ気がついたんですが、外国人の方がたくさんなんですね。

そりゃあまあ、シートに書かれた待ち人数とは違うよなぁ、と理解しました。

カタカナで名前書けったって無理ですよね。アルファベットじゃだめなのかな?とも思いますが。

まあ特に急いでもなかったので、のんびり待つことにします。

 

 

留学生とかではなく、観光客っぽいんですよね、荷物からしても。

ドリンクサーバーから興味深げにいろいろ注いで、皆で取り替えっこして楽しげに飲んでます。

順番が来たら、店舗スタッフと身振り手振りでコミュニケーションを取ってます。

「1年間は破損しても半額修理できます」とかの説明はちょっと伝わってない感じでしたが、

「フレームの微調整」とか「好きなケース1個プレゼント」とかはちゃんと実践していました。

 

 

いやしかし、服とかアクセサリーなら分かるんですが、海外旅行で眼鏡買うっていうのはなかなか。

「おいハシモト、中国行って自分にぴったりの度数・かけ心地の眼鏡買ってこい」

って言われたって、できる気がしないです、私には。

単純に、すごいバイタリティだと思いますよね。

中国人数人と、たぶん東南アジア系の人もいましたね。グローバル。

 

 

単純に疑問なんですが、あの眼鏡、どうやって作ったんだろ?

受け渡しはともかく、視力検査とかはさすがに身振り手振りでは厳しいですよね。

いくつかの言語を話せるスタッフがいるのかもしれませんね。

でも実際そんな人材は少ないでしょうから、パターン化してスタッフ教育しているんでしょうか?

他言語フリップでも作っておいて、指差しでコミュニケーションとるとか?

 

 

最近の安価な眼鏡って数十分で作っちゃうから、

観光の途中でも買えますもんね、たしかに。

しっかり取り込めれば、相当なお客さんが見込めるような気もします。

インバウンドの隆盛って凄まじいなぁ、ほんと。

いろいろ勉強して、ついていかないといけませんね。