松尾画報

辺境のカンガルーの近況

ちょっとしたこと


先日、開通前の高速道路の上を歩いてきました。

15時開通の道路を午前中に歩けるというイベントだったんですね。

なかなか不思議な体験でした。

 

開通後に車で走れば同じ景色を見られるわけなんですけど、

やっぱり徒歩だと感じ方が違うんですよね。

歩く人のことをさほど想定していない道ですからね。

インター入口はけっこうな傾斜ですし、料金所までなかなかの距離です。

 

今後、車で走れば、余計に変わった体験だったと実感する気がします。

物珍しさからか、すごい人混みでしたけど、楽しかったですねぇ。

 

 

 

また別の話で、こないだ、乗っていた電車が線路上で停止しました。

事故だかなんだかで前の列車との距離が縮まりすぎて、

解消されるまで線路上で一旦停止という状況です。

 

大きな駅の手前の信号とか、普段から線路上で止まるポイントはあるんですけど、

いつも普通に走っているところで止まるのは、なかなか不思議な感覚です。

いつも流れている風景がぴたっと止まっちゃうもんですから。

走行音もなくなってしーんとして、なんだか時間が止まったみたいでしたね。

 

 

 

事故か何かで阪急京都線が一時全線ストップになって、

阪急・高槻市駅で電車から降ろされちゃったこともありました。

運転再開を待つのも退屈なので、JR高槻駅まで歩きました。

 

あまり降りたことのない街だったので、ぶらぶらと散歩のように15分くらい。

JR駅前で偶然同じ電車に乗っていた知人に会い、

今電車乗ると人が多いだろうからと、ちょこっと飲みに。

 

おそらく二度と訪れる機会はないだろう居酒屋で、二杯だけビール飲んで帰りました。

こういうのって数年経つとなんだかいい思い出になるんですよね。

 

 

 

普段ないシチュエーションというのは面白いものですね。

もちろん、あんまりヘビーなやつには遭遇したくないですが。

こういうちょっとしたことを楽しんでいきたいものですね。