松尾画報

辺境のカンガルーの近況

たわいもない


先日の朝、娘と一緒に登園中に見た人たちのお話。

横断報道で信号待ちをしていたら、おじいさん二人が挨拶を交わしていました。

どうやら近所の人同士らしく、たわいもない世間話。

一通り話した後におじいさん、思い出したようにポケットをごそごそ。

 

 

「おっ、そうや。飴食べるか? 飴」

『おっ、塩飴か? 流行っとるもんなぁ、最近』

「それがなぁ…、じゃ~ん! キャラメルでしたー!」

「『うわっはっはっはっ!』」

 

 

大爆笑です。二人揃って大爆笑。息ぴったり大爆笑。

キャラメルを渡されたおじいちゃんが、笑いながら続けます。

 

 

『そこはあんた! 塩飴やろ、はっはっは! 熱中症対策ならんやろ! はっはー!』

「せやろ! そう思うやろ! じゃあこっちの飴食べるか? まだあるねん」

『おっ、今度こそ塩飴か? 塩飴やろ。今度こそ塩飴やろ〜?』

「それがなぁ…、じゃ~ん! いちごみるくでしたー!」

「『うわっーーはっはっはっはーーっっっ!』」

 

 

そこで信号変わったので、続きは見られなかったんですが。

まだまだ別の飴も仕込んでたのかな? きっとそうですよね。

まあ、ただそれだけの話なんですけど。

仲よさそうでいいことです。

 

 

でもやっぱ、朝からキャラメルはきついですよね。

いちごみるくの方がまだ若干ましかなぁ。若干ね。ほんの若干。