松尾画報

松尾の独り言

いきなりステーキ


いきなりステーキ生駒店が、7月30日、オープンしました。
ポジティブな噂をよく耳にするので、気になっていたのですが、行きやすいところに開店してくれました。
早速、初日に訪れたところ、あまり落ち着かない座席になっていました。
ドリンクはおろか、サイドメニューには力を入れておられない反面、ステーキに関しては、9円/gのオーダーカットで焼き加減など、かなりのこだわりです。

ローストビーフにすると、脂肪分が細かに入った和牛が美味しいのは絶対なのですが、ことステーキに関しては、私は、出来る限り脂肪の少ないヘレ肉が好みです。それも輸入肉が大好きです。
いきなりステーキの場合、その場所柄、車で出かけなければならないため、ビールやワインは飲まず、前菜をゆっくり食べているお店の造りではなく、文字通り「いきなり」ステーキが出てきます。
炭火で焼いてあるので、くどい脂肪分を感じず、ライスを注文しなければ、ヘレ肉なら400gくらい食べれます。これには自分でも驚きました。
早速、肉好き一家のRYさんに一番乗りの自慢話を報告しておきました。

実は、今日で3回目の訪問です。それは、こうと思えばとことん入れ込んでしまう私の性格が原因であるだけでなく、お肉のクオリティの安定感のためです。
まつお内科の診療も、いつもどうりの診療をやり続けることが大切であると、再認識しました。

米朝首脳会談での核廃絶の動きが停滞する中、11月の中間選挙を控え、9月下旬前後と想定される日米首脳会談で、自動車や米国の農産物および牛肉の関税を引き下げ、日本にもっと輸入するよう働きかけてくるように予測されます。

政治のことは判りませんが、個人的には、いきなりステーキのヒレ肉の値段が6円/g程度になれば嬉しいです。